交通アクセス

 

 
地図をクリックで拡大します。
 
北総エリアの宿泊施設はこちら
九十九里エリアの宿泊施設はこちら
南房総エリアの宿泊施設はこちら
全国の千葉さん姓、
特に東北方面に多い千葉さんのルーツを辿る
 
千葉城(亥鼻公園)

亥鼻公園は、千葉常胤が居を構えた千葉発祥の地、猪鼻に造られた公園です。

桜の名所としても知られ、桜はソメイヨシノが100本程あります。

 
   千葉神社

千葉神社は、千葉氏の守護神、北辰妙見尊星王を主祭神として長保2年(1000年)に北斗山金剛授寺として中興開山されました。

 
千葉寺
 

千葉寺は、飛鳥時代和銅2年(709年)に行基が自作の十一面観世音を安置して開いたと伝えられます。中世には千葉氏の尊崇を受け、千葉氏累代の祈願寺として栄えました。

 
佐倉城址公園

佐倉城址公園は、佐倉城跡の中に設置されている公園です。千葉氏の本拠を鎌倉時代以来の千葉から佐倉(現在の酒々井町周辺)へ移し新たに築城したのが本佐倉城です。

千葉・房総の歴史を辿りながら太平洋へ
 
成田山新勝寺

成田のお不動様として親しまれ関東三大不動の一つです。

  
 
千葉県立房総のむら

県内各地から出土した考古遺物や、武家・商家・農家などの展示を通して歴史を学んでいただくことを目的とする博物館です。

 
  香取神宮

祭神は、日本書記に登場する建国の神の經津主大神を祀っています。神武天皇18年(現在〈令和元年〉より2661年前)の創建と伝えられています。弘仁3年(812年)以降、20年ごとに式年遷宮が定められていました。

 
 
雄大な太平洋を望めます
 
犬吠埼灯台

関東最東端の犬吠埼は、山頂 ・離島を除き日本で一番早く初日の出を見ることができます。

 
 
 
銚子電鉄

1923年7月5日より開業している非常に歴史ある鉄道です。全長 6.4km

 
地球の丸く見える丘展望館

海抜約90mの屋上から四方を眺めると鹿島灘から筑波山、西は九十九里浜、屏風ケ浦を見渡せ、その眺めは雄大で水平線の両端は丸みを帯びて見えるので文字通り地球の丸さを実感できます。

 
 
温暖な南房総ね景勝地
 
勝浦海中公園

房総のすぐれた海中景観を有する勝浦の海蝕崖と海岸植生の探勝を目的につくられ、水深8mの海中展望塔があります。

 
 
 
鵜原理想郷

鵜原理想郷は、変化に富んだ入江と老松が美しい景勝地です。典型的なリアス式海岸で海蝕と風化により出来たメガネ岩(尾名浦)の周辺(2km)まで続きます。

 
 大房岬自然公園

東京湾に出入りする船舶や対岸の三浦半島、伊豆半島、晴れた日には富士山や大島などが一望できます

 
自然と動物にふれあえるテーマパーク
 
市原ぞうの国

12頭のぞうをはじめ、かば、らくだ、レッサーパンダ、など約100種400頭羽の動物が飼育されて直接餌をあげられるふれあい動物園です。

 
 
 
鴨川シーワールド

海の王者シャチをはじめ、ベルーガやイルカ、アシカのパフォーマンスのほか、 自然環境を再現した展示を通して800種11,000点の川や海の動物たちに出会う ことができます。

 
マザー牧場

鹿野山の南西、なだらかな山の斜面にある観光牧場です。 広大な 敷地では、牛、馬、羊、アルパカなど沢山の動物達が暮らしています。

 
東京ドイツ村

東京ドームの約19倍の広さを有し、ドイツの田園風景を再現した自然体験型のテーマパークです。
園内には、各種アトラクション、観覧車、パターゴルフ、芝そりゲレンデなどがあり大人から子どもまで楽しめます。